読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路目前ニート女が人生変えた話

社会の底辺だった腐りかけの引きこもり女が、引き寄せをやったら何だかうまくいって、年収850万プレイヤーのダンナを捕まえて二児の母をやらせてもらっているという話。

ウォーキング再開(モテ期その1)

気、のようなもの 疲労で身体の中身はボロボロだったものの、日々清涼な空気と水に触れる毎日だったためか、山に来てからというもの私の肌はトラブルとは無縁になりました。 顔を洗うのもお風呂に入るのも天然ミネラル水使用ですから、考えたら相当贅沢な環…

通期

追加の荷物は青竹とお茶(=癒しが足りない。) 話が前後しますが、私は最初3ヶ月で終了の契約をしていて、半年への延長を考えるなら早めに申し出るようにと言われていました。 私がどうするかによって今後の補充人数も変わるため、オープンする前には延長か否…

追い詰められるオープン前

横文字・暗記の1週間 10年間、勉強らしいことから遠ざかっていた頭にキツかったのは メニューが英語表記 料理用語は基本フランス語 暗号のようなワインリストの内容を、飲んだこともないのに説明可能な程度頭に入れておけと言われること 世間知らずで思い…

オタバレする人しない人

意外とオタクは多いという話? Rちゃんと私はまあまあ相性も良かったので(うっすら気づきかけてたけどRちゃんも腐女子。お兄ちゃんはアニメーターで活躍しているというヲタ兄妹家庭出身なのでした)、二人部屋の相棒が彼女だといいなと思ったのですが、部屋…

山へ

研修室での10日間 顔の怖いマフィアは、塗り壁のように分厚くて大きいKさんが研修の実質的な指導者のようで、アシスタントマネージャーの肩書きで進行役や細かな指示を行っていました。もう一人のマフィア、Kさんを縦に小さく横に広げた(それでも背は普通に…

研修

出発準備 面接はなんだかあっさり終了しました。 (採用通知も後日あっさり届いた) いきなり6カ月と決めるのは勇気がいるので、周りの環境に合いそうで大丈夫と思えたら半期を通期に切り替えるということも、面接時に聞いたら可能だったので、それでお願い…

貯金ほぼ無しの三十歳の選択

あくまで自力 前にも述べた、今だからわかることですが、私の引き寄せは、お金がない→棚ぼたで引き寄せる という展開は潜在意識の許可が下りずいくら歩いてもそのようなラッキーは訪れませんでした。 (良かった、それで。本当に) 最低限の自己肯定はあるも…

萌芽

ラジカセ犬パフ リフレクソロジーというのは足つぼの刺激が全身を整えるという理論で考案された健康法のようなものです。その当時全国展開されていて、名前の知られていた英国式リフレクソロジーのサロンに何度か行ったことがあり、そこの講師の先生らしい人…

引き寄せ出来なくて悩む人に

無意識のルール 詳細な記録を取っていた訳ではないので、正確には分からないけれど、私が引き寄せウォーキングを始めたのは2004年の12月~1月位と推定されます。 記憶だけでは心許なかったのですが、このブログのために「愛されてお金持ちになる魔法のカラダ…

ウォーキング 中期

第一の引き寄せ 「愛されてお金持ちになる」ウォーキングが軌道に乗ってからは、毎日帰宅後に活動スイッチが入りっぱなしで頭がスッキリしているので、その間に片付けをしたり大掃除をしたりすることにしました。 実家の自分の部屋は20年熟成でいらないモノ…

引き寄せに要る基本の力

引き寄せは基礎工事が出来てから 私が根性なしで怠け者なのは、ざっくり述べた経歴からも、いい加減お分かりかと思いますが… こんな私でも ①何となくでも引き寄せができた ②旦那を捕まえられた ③その生活を維持できている …のは、引き寄せの力以外の根本的な…

ウォーキング 初期

引き寄せウォーキング開始~初日 2時間歩き続けるって、どこまで(そもそも何処に向かって)行けばいいのか? そこから分からなくて初日は困惑しました。 考えてみてください。 ふだん、人間って「目的に向かって、一番無駄がないと現在判明している道順」…

引き寄せたもの

「引き寄せ」のキーワードでこの雑文を読んでくれている方は、 「どんな変化や効果があったか」という事こそ、まず知りたいのでは? ということに今更気づいたので、ダラダラ経過を綴るより先に結果を述べてみます。私が実践したのは佐藤富雄さん流、「愛さ…

2時間歩く方法

愛されてお金持ちになる~の著者、佐藤富雄さん曰く、歩く時にはいくつかルールがありました。 ・歩くときのルール ①正しい姿勢で、まっすぐ前を向いて、大股で歩く ②なるべく知らない場所、通ったことがない道や街を探検するつもりで歩く ③歩いてる間、妄想…

キッカケ

ウォーキングの本を探しに行って、その時平置きされていたのが、この本。 愛されてお金持ちになる魔法のカラダ 作者: 佐藤富雄,あいかわももこ 出版社/メーカー: 全日出版 発売日: 2004/12 メディア: 単行本 購入: 4人 クリック: 25回 この商品を含むブログ …

アシスタント、肩と腰を痛める

マンガ業界のデジタル化はここ10年でものすごく進みました。 10年前と全く同じ手法でやってるプロの方は、もういないんじゃないでしょうか? 私はこの10年を子育てで過ごして浦島太郎状態なので、復帰したくても使ってくれる先生はいません。 ガスコンロがあ…

才能

私は、圧倒的にお金を稼ぐ才能がない。と自分では思っています。 アシスタントやバイトだけしてニートしてた時代の年収は、よくて50万位…。お父さんお母さんごめん。 本当死ねよって感じですね、我ながら…自分の衣服を買ったり、洗濯したり、衣食住の衣の部…

独身ニート時代

20代のほぼ全てを、ニートとして過ごしました。 時々仕事しても長続きせず、特に資格もなく。 (長続きしなかったのはメンタル豆腐だから。販売ノルマとかお客様への罪悪感とかで自滅するワケです) 絵を描くことは好きだったので、漫画を描いて時々投稿した…

はじめまして

私、くうの自分語りブログへようこそ。今は普通に結婚して二児の母となり、専業主婦で毎日幸せを享受している私ですが、ほんの10数年前までは酷い有様でした。引きこもりでニートで腐女子、職歴ほぼなし。この先どうなるんだろう、一生一人なのか、のたれ死…