読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

三十路目前ニート女が人生変えた話

社会の底辺だった腐りかけの引きこもり女が、引き寄せをやったら何だかうまくいって、年収850万プレイヤーのダンナを捕まえて二児の母をやらせてもらっているという話。

萌芽

独身パラニート時代 エステ

ラジカセ犬パフ

英国式リフレクソロジーQueenswayの足裏&ハンドリフレ
リフレクソロジーというのは足つぼの刺激が全身を整えるという理論で考案された健康法のようなものです。

その当時全国展開されていて、名前の知られていた英国式リフレクソロジーのサロンに何度か行ったことがあり、そこの講師の先生らしい人が書いている本だから、と思って手に取りました。(本当は会長の娘さんですが、そのときは知らなかった)

サロンのお姉さんたち、どの人もシュッとしてキリッとしてテキパキで、物腰柔らかで素敵なんですよ…
CAのお姉さんみたいなの。
疲れてるときにこんな優しくされたら、おっさんとか惚れちゃうんじゃないの?と心配になっちゃうくらいホスピタリティ。

ちょこちょこ接客業をしていた私も、「接客するなら、いっそここまで出来るようになりたいよな」、とぼんやり憧れの眼差しでみる対象だったのですが、ハードそうな業界だし(時間制限とか、無駄のない動きとか、自分にはムリ)ハナから諦めてお客さんの立場で満足していました。

そして、そんな意識のまま本を購入して足のリフレを家で実践してみてると…
なぜかその、自分から遠いはずの世界の中で自分が働いたらどんなだろう…という妄想ばかり浮かんでくるのです…。

いやいや、ムリムリムリ。
こんなシュッとしたパンツはいて、ぴったり身体のラインが出る白いシャツ着てスカーフ巻いて、ビシッとお団子ヘアで、毎日バッチリ化粧で、
とにかく身だしなみキチッとした感じのオネーさんに私が、なれないですって!
(こんな感じです↓隣に並ぶ自分を想像すると、罰ゲームかと)


f:id:hisa930259:20160917140349j:plain



ちょっとだらしない暮らしが改善したからって、自分高望みじゃね??

腰も肩も悪いし、特に美容も気にせずダイエットとも無縁のモッサリした身体、サロンの制服着たらダサダサだよ?

ナイナイ。

……

当時は真剣にそうやって悩んでたんですが、アレですね。佐々木倫子センセイの名作、「動物のお医者さんに出てきた「ラジカセ犬パフ」のごとく、脳内で勝手に縛られて同じところをぐるぐる回っていましたね。

たぶん他人が見ても、「やりたきゃ、やりゃあいいじゃん」の一言で終了にしたくなる話です。

(ラジカセ犬パフとは:力の弱い子犬時代、ラジカセにリードで繋がれて動けないことを学習したパフという犬。とっくにラジカセを持ち上げられる巨体に成長しても、まだ動けないと思い込んでいる)

人はなぜ「やらない理由」をまず探すのでしょうね?
話を戻して、リフレの本の実践はせっかく買ってもはかどらなかったです。
正直読んでもあまり良く分からない。
刺激の入れ方とか、場所とか、ここで合ってるのかどうかがイマイチ不明で熱中してやれないのです。

これは、直接、技術を習わなきゃ分からないものに手を出しちゃったんだな…。

習う…か…。
お金…。かかるなぁ…。

(調べたら)だいたい、100万弱。
ムリだ~(ヾノ・∀・`)

このぼんやりした思い付きの炎は、この時点で厳しい現実(お金)にかき消されて一端鎮火。

だって、30手前の癖に私の貯金は15万くらいだったんですもの。

引き寄せ出来なくて悩む人に

まとめ 引き寄せ アドバイス的なもの

無意識のルール

詳細な記録を取っていた訳ではないので、正確には分からないけれど、私が引き寄せウォーキングを始めたのは2004年の12月~1月位と推定されます。

記憶だけでは心許なかったのですが、このブログのために「愛されてお金持ちになる魔法のカラダ」のAmazon情報を見て、発行日が分かり時期が特定できました。

 

「引き寄せ」という言葉から想像できるのは、ダメダメ生活、底辺ニートの喪女だった私が、一夜にしてすべてをガラリと変えた!幸運が次から次へと転がり込んできた!(霊感ブレスレットみたいだな)…なイメージかもしれませんが、私の場合10年以上たって、「あ、あれって引き寄せしてたのかぁ」とふと気がつく感じでした。

振り返ると、「やりたいこと」を叶えるまで2年、「こうなる気がするな」という予感が現実になるのが半年~1年、多くて3年かかってました。

 

狙って結果を引き寄せたい方には、ピンと来ない体験談かもしれません。

 

しかし、「引き寄せられる自分」になってるかどうか、スイッチがポンと入ってランプが付けば分かりやすくて良いけど、現実はそうじゃないんで。

「狙って」「明日から違う自分になる」のはかなりムリめな願望だと思います。

 

現実は、昨日と地続きの、代わり映えしない自分で過ごすことになるため、このままでいいのか・もっとやるべきことがあるんじゃないか・など不安を抱きながらも、手探りで進んでいくしかないのです。

 

けれど、自分が納得するための、プロセスや時間って意外と必要なもので、降ってわいた幸運や奇跡は尻込みして受け取れない人が多い気がします。

私もその一人だから、こういう風にゆっくりペースで色々変化していったんでしょう。

何より、棚ぼた式奇跡を手にするのに比べて、自分で一つ一つ積み上げる方が、生きてる実感がわいて楽しいんです

その方が自分をより好きになれる。

そして、究極のところ私は自分をもっともっと好きになりたかったんですね。

だから、棚ぼたは無しで時間をかけた。

 

あなたの引き寄せが、手応えがないように感じられたり、すぐ叶って欲しいのになかなか叶えられない!潜在意識は何でも叶えられるんじゃないの!?なんて思う人は、もう一度自分に問いかけてみるといいです。

答えは自分のなかにあるはずですよ~。

 

自分が無意識に課したルールのなかで踊るか、そのルールを破壊してもっと自由に踊るのか

私の場合は前者でしたが、後者は無意識の自分と戦わなくてはいけないから面倒というか、ハードルは高いです。

ただ、本当の達人で毎日奇跡!みたいな方は後者をやっているんでしょうね。

これから私がその域に行くかどうか、未定ですがやってみたい。

鍵の形は分かってるので、あとは探すだけです。

 

自分と向き合うことで引き寄せる

掃除だとか、歩くだとか、瞑想、ノートに記入だとか。

アファメーションと言って、宣言する方法もありますね。

開運や引き寄せの為の手段は色々紹介されています。

 

どれが効くの?自分に合う方法は?とジプシーしたくなったり、手段ばかり詳しくなって実際どれをやったらいいかわからなくなったりしませんか?

どれでもいいです。

 

必要なのは、自分と向き合う時間だと思っています。

向き合ったあと、スッキリした方が続きやすいので(マイナス面と向き合ったあとだと特に)、カラダを動かしたり掃除したりの方法が初心者にはいいかもしれませんね。

 

一番いいのは、私のように「なんか知らんけど、楽しい~!!」という状態になることです。

ごちゃごちゃ悩んでるうちは雑念が多くて、自分の願望とも、本当の自分とも向き合えない。

楽しいスイッチが入ると無心で行動するから、願望もスッと入って届きやすい。

ジプシーしてる間は叶わない、と世で言われるのは、雑念が多すぎてその声ばかり聞き自分と向き合ってないからです。

 

逆に、ジプシーして日替わりでも、行動してる時それぞれを楽しんで、自分の声を聞けてるなら全く問題ないはず。

 

私は単純だからか、最初に読んだ本で「おおーそうか、ならやってみよー!!」と素直に取り組んだため(そして運よく自分に合う方法で楽しく無心で取り組めたため)、成果があったように思います。

ウォーキング 中期

独身パラニート時代 ウォーキング 引き寄せ

第一の引き寄せ

「愛されてお金持ちになる」ウォーキングが軌道に乗ってからは、毎日帰宅後に活動スイッチが入りっぱなしで頭がスッキリしているので、その間に片付けをしたり大掃除をしたりすることにしました。

実家の自分の部屋は20年熟成でいらないモノ山積み。
「断捨離」とか流行る前ですが、やってたことが同じなのは不思議です。
自分にとって何が必要で、何が要らないのか、歩くことで雑念が消え篩にかけられ、
歩きながら「今日は何を捨てようかな」と考えて、綺麗な部屋をイメージしたりするのが片付けモードONにしてくれました。
 
実はこの時点では、私は具体的に大きな願望を思い浮かべられてなかったです。
ただ、何かやりたくなった時のためにどんな事でも始められるように準備しよう、と身軽になることを考え出しました。
 
アシスタントの仕事の間はさすがに歩けませんが、「帰宅後3日くらいかけて生活リズムを戻して、朝歩く」とザックリ決めたらあまりズルズルしなくなりました。
 
なぜか、自分で決めたら、そのようになりました。
今まで「出来なかった」のは「出来ないことを自分で選んでいた」からだ。…と分かりました。
 
このようにして、人並みに活動的で規則正しい生活を手に入れることに成功したのが、引き寄せの第一歩。
 
まだまだ世間の人様から見れば低レベルなんですが、自分の中ではすごく達成感があり、歩くのも片付けもハマっていきました。
 
 

知らない道が無くなっていく

ウォーキングは、1カ月半くらいで家の回りからどんどん知らない道が無くなって、陣地が増えていく感覚が楽しめるようになって来ました。

網目のように張り巡らされた住宅街の道はショートカットに使え、里山のなかにある神社、お花見に良さそうな隠れスポットを発見し。

なにもない、と思っていた自宅周辺は素晴らしい景色や落ち着く場所の宝庫、宝の山のようでした。

一見反対方向に延びる道も、ずっと先で繋がっていることが多いので、日によって違うルートを行ったり帰り道は別ルートを使ったり、バリエーションを楽しめるようになって来ました。

続けるほど、歩くのが苦じゃなくなる、好循環に。

 

体力がついて、身体もスッキリし始めて美容にも興味が湧き、ハウツー本を収集するようになったのもこの頃です。

足がダルくなるので、リフレクソロジーの本を追加で購入し、最初買ったヨガの本と愛されウォーキングの本と合わせて愛読するように。

 

身体のことを知ったり、美容法を実践するのは楽しいな…と思い始めました。

 

引き寄せに要る基本の力

まとめ アドバイス的なもの 引き寄せ

引き寄せは基礎工事が出来てから

私が根性なしで怠け者なのは、ざっくり述べた経歴からも、いい加減お分かりかと思いますが…

こんな私でも

①何となくでも引き寄せができた

②旦那を捕まえられた

③その生活を維持できている

…のは、引き寄せの力以外の根本的な基礎ができていたからではないか、と分析しています。

 

根本的な基礎とは、

  • 根拠のない(←大事)基本的自己肯定感
  • 家事能力
  • 他人への過度な精神的依存がない

こと。

 

引き寄せ、潜在意識の世界を、少し覗いてみたことがある人はわかると思いますが、引き寄せたいならまず、自分を愛せよ。というところから始まります。

自分を大事に出来なければ、世界からも相手にされない、というのが引き寄せの法則の基本らしいです。

これはどんな達人も言っていることで、私も引き寄せ成功した経験上そう思います。

 

私がこんなにダメダメ人間にも関わらず「死のう…」みたいなメンヘラ思考に陥らずに生きてこられた図太さがあったのは、育ってきた家庭、両親に根拠のない自己肯定感を育ててもらえたからに他なりません。

家事も一通り、子供の頃に母から叩き込まれ、基本は出来ていました。

 

ここが出来てなかったら、

引き寄せしよう、いいイメージで歩こうと思い立つ→やりたいこと見つかった!頑張ろう!みたいなトントン拍子の流れには乗れなかったのではないかと。

毎日歩き始めて、当面の目標を見つけて人生が動き出すまで、私の場合は3カ月半~4カ月くらいでした。思い返すと、すごいスピードです。10年くすぶってたことを考えると。

 

自愛がないと引き寄せできないのか?

あ、自己肯定感がない人に引き寄せが無理だというのではありません!

そこは誤解しないで下さい。

 

波に乗るまで時間がかかるかもしれないけど、あきらめないで下さい!!と言いたいのです。

 

基礎がない人の場合、

まず①自分を愛する自分 を引き寄せて、

自分を大事にする手段である家事能力 を引き寄せて、

③興味があることややりたいことを見つけて他人への依存度が下がって、

…と段階を踏んで基礎を固めて行くことに自然になると思うので、本願に到達するまでのステップが多くなり、遠回りしてる感じがどうしても拭えないで焦る人もいるんじゃないかと思うんですが、そこはそれ自体を楽しめば良いだけです安心してください、と言いたくて。

 

歩けば道は用意される

もし、歩くことが楽しめるようになり、自分を見つめる時間として利用できるようになれたら、自然と歩いているうちに願望達成のため必要な手段を思いついたり、よく分からないけどトライしたい何かに興味を惹かれたりするはずです。

直接関係なく思えても、あとになってこれは必要なことだったのか!と分かったり、本願と思ってるものがまやかしで、興味を持ち始めたものの方が本当だと気づいたり、無駄になることはありません。

歩いている時と一緒です。

袋小路も後戻りも無駄ではない、楽しめばいいと開き直ったら歩くのが苦でなくなるように、人生に起こることも楽しめるようになります。

ウォーキング 初期

ウォーキング 引き寄せ 独身パラニート時代

引き寄せウォーキング開始~初日

 2時間歩き続けるって、どこまで(そもそも何処に向かって)行けばいいのか?

そこから分からなくて初日は困惑しました。

考えてみてください。

ふだん、人間って「目的に向かって、一番無駄がないと現在判明している道順」を無意識に選択します

例えるなら「どこにいってもいいよ!」と広大なゲームの世界に放り込まれ、特にイベントも起こらない状態なんですよ。

ゲームなら、そのへんのツボを投げたり木を揺すったり、穴を掘ったり人と会話したりするうち行き先が決まったり小金が溜まったり、何もないなりに何かあるけど、それも(当然)無し。

 

私の場合、バスで15分弱の最寄り駅に出ないと周辺にはあまりなにもないので、

「住んでいるマンションからバス停」→「バスの道順に沿って駅まで歩くと30分」という道以外、思いつかず。駅に出たあとは「えーと、このあと…どうしよう??」とオロオロ。

いつも立ち読みする本屋も、「ノンストップルール」のため立ち寄れず。

目的が目的にならない(笑)

初日は「バス停→最寄り駅」「最寄駅→バス停」ルートを2往復して終わるという面白みのないコースで2時間を潰しました。

ただ2時間歩ききった小さな達成感と、寒い時期だったので体が暖まって何となく頭がシャッキリしたなという感覚があり、心配したほど疲れ果てることもなく良い印象で終わったのでした。

引き寄せウォーキング~4日目くらい

最初の3日は初日の応用で、「家→最寄駅→隣駅→線路を渡って反対から最寄駅に戻る→家」など、駅伝いに移動していましたが、ネタが尽き。

4日目くらいに、「なんで目的にならないのに駅に向かって歩いてんだ?」と自分の思考の固さに気がついて、家から出てまずふだん行かない、行ったことがない道を選んで歩くことにしました。

どんな小さい道で行き止まりに見えても、入ったことがない道は個人の敷地と分かる場合を除き行ってみる、という自分ルールを新たに設けて。

 

「道に迷っても、行き止まりだったとしても、時間はたっぷりあるし、次歩く時にその経験を活かしてまた別の道を選べるので無駄にはならない。」

そう思った時、目のウロコが取れたというか、視界が開けた感じでした。

「袋小路で引き返す」「間違った道に入る」ことを、私は無駄に悔しがってなかったか?

 

間違って戻るのなんてほんの5分、多くて10分。

通勤や通学で急いでる時ならまだしも、散歩の時まで無駄を恐れて、間違えないように歩こうとするなんて。

ただ歩くのが目的で歩くことを楽しめばいいのに、本だの、お店だの、娯楽のある場所しか目指せないなんて、何か変じゃないか?

 

歩いてる途中の、道の様子や景色には見るところがない、と決めつけて歩いていたから、こういう歩き方になるんだよな…と気づいて、「ただ歩くこと」の楽しみを見いだせた感じがしました。

ほかの人はどうなんだろう。

そんなことは歩く前からとっくに知っているから、歩く必要もないのかもしれません。

でも私には、自分の思考の癖や幅の狭さと向き合うことが、真剣に歩くことで初めて得られたので、「愛されてお金持ちになる」流ウォーキングはものすごく大きなキッカケになりました。

 

 

引き寄せたもの

引き寄せ まとめ

「引き寄せ」のキーワードでこの雑文を読んでくれている方は、
「どんな変化や効果があったか」という事こそ、まず知りたいのでは?
ということに今更気づいたので、ダラダラ経過を綴るより先に結果を述べてみます。

私が実践したのは佐藤富雄さん流、「愛されてお金持ちになる」方法
ウォーキングを1日2時間せよ、というもので、途中忙しくて歩かない時期は偶然瞑想をしていました。
職に就いて結婚~出産前がその、歩かなかった期です。
引き寄せ時系列としては、4分割に分けられます。
①独身ニート時代②独身目標めざす時代③独身仕事がんばる時代④結婚~出産前、という感じ。

<独身ニート時代引き寄せたもの>
  • 規則正しい生活
  • キレイな部屋
  • 基礎体力
  • 当面の目標(やってみたいこと)
<独身目標目指す時代に引き寄せたもの>
  • 美肌
  • 夫になる人との出会い
  • モテ期(半年で4人から求愛された)
  • 年齢問わない友人
  • やりたいことの下準備になる知識
  • 自分への信頼感
  • 就職先
〈独身仕事がんばる期に引き寄せたもの〉
  • 仕事上の評価(指名数ノルマ達成、全国一位)
  • 恋愛の成就(不倫の略奪)
  • 身体ケアの極意
  • 休むキッカケ
〈結婚~出産前〉
  • 家の売却成功
  • 理想の猫との暮らし
  • 妊娠
  • つわりなし安産

…等々。

ところどころ、「ん?」というものもあるかと思いますが、どんな感じでそうなったかは解説していきます。

2時間歩く方法

独身時代 ウォーキング

愛されてお金持ちになる~の著者、佐藤富雄さん曰く、歩く時にはいくつかルールがありました。

・歩くときのルール

 

①正しい姿勢で、まっすぐ前を向いて、大股で歩く
②なるべく知らない場所、通ったことがない道や街を探検するつもりで歩く
③歩いてる間、妄想して自分をワクワクさせる
④休み休みではなく、歩き続けた方が効果的
⑤③のために、高級住宅街や景色のいい場所を選んで歩くといいよ
 
歩くことは人間の潜在能力を発揮させる。
行ったことがない所をコースにすると、元の場所に戻るために五感を働かせたり道を覚えたり、普段使わない感覚を磨くことになる。
原始の狩猟本能が刺激される
 
そうやって集中して長時間歩いているうち、余計なことを考えなくなって怒りや落ち込みなどマイナスの感情から解放される。
無心になったところで、「この家素敵だな、いつかこんな家に住みたい」「この車カッコいい」「住むならこんな街並みが理想だ」「ゴージャスなお店でランチなんていいな」などなど、ワクワクすることをインプット(外側でなくイメージにフォーカスしてもいい。スラッと細くなった自分、健康な身体、など)。
 
自分は何が好きなのか、どうなりたいのか、願望の種を仕入れていく。
 
繰り返すうちに、本当に望むことやそのために何をするかがハッキリしてきて、不思議なくらい道筋が用意されて、自然と何もかも良くなるよ
 
という理屈。(意訳ですが)
 

・実際歩いてみたらどうだったのか

初めのうちは慣れるのが大変で、ニートだからリズムに乗るまで持ってこれたのだよなあ…と思います。暇でないと出来ん

人生を変えたい人には、社畜の方もおいででしょうが…。

そういう人がやったら死んじゃうから寝てください。参考にならずすみません。

 

アシスタント仕事のせいで昼も夜もないメチャメチャな生活になっていたのですが、行ったことがない道を暗い時間に歩くのは(道に迷う的意味で) 帰れなくなりそうで、危険なので昼~夕方に最初は歩いていて、そのうち自然と朝型生活に戻りました。

 

ランナーズハイという言葉があるけれど、ウォーキングハイもあると思います。。

最初のうちは「何かいいことあるといいナ(はぁと)」的な下心で続けたけど、それだけじゃすぐに飽きて終わったでしょう。

1週間続けたら、もう「歩くの超楽しい!」になっていました。

2時間歩き続ける、というのがポイントなんだと思います。

疲れてもういいか、と普通なら止めるところを超えると脳汁出だして、イイ状態になれる。

 

鬱々とした気分も晴れて、それだけでも救われました。

子育て中の今は、自分のペースで歩けず子どもの安全に気を配り、子連れで2時間も歩いたら虐待だしで出来ないけど、また歩いて引き寄せたいのになあ。